玉川上水旧水路緑道|再開発計画|笹塚幡ヶ谷初台|緑道|再整備

西原/代々木上原/幡ヶ谷

玉川上水旧水路緑道の再整備

玉川上水旧水路緑道の再開発計画についてまとめました。
2023年末、渋谷区に自然で緑あふれるおしゃれなデートスポットが誕生する♪

再開発の背景・目的

玉川上水旧水路緑道の再開発計画が浮上しています。

玉川上水旧水路緑道は、玉川上水をあんきょ化(蓋をした)した上部を遊歩道状に整備し、運動、遊び、健康増進等の様々な機能を持った都市公園です。

緑道の長さは、なんと「約2.6km」。

しかし、緑道整備から30年近く経過
老朽化、また防災という観点から緑地化の再開発計画が浮上。

玉川上水旧水路緑道の歴史

江戸時代、3代将軍徳川家光のとき、参勤交代の制度が確立すると江戸の町は人口の増加が加速。
飲料水の確保のため新しい水道の開発が必要となっていました。
そこで、幕府は多摩川の水を江戸に引き入れる計画を立てました。

庄右衛門、清右衛門兄弟を工事請負人として、
羽村から四谷大木戸まで(約43km)の区間を、わずか約8か月で開削したそうです。

玉川上水旧水路緑道の現状

緑道を歩いてみましたが、現状でも十分綺麗だと感じました。

緑地化の完成イメージ

渋谷区のホームページに完成イメージが掲載されていました。
本当にこんな綺麗になったらいいですね。

再整備の取り組み例

再整備のスケジュール

完了予定は2023年末のようです。

参考資料

詳細は下記の渋谷区HPを参照してください↓

タイトルとURLをコピーしました